プロフィール

gogo


Author:gogo
GO!GO!ビジネスブログへようこそ!



昔はあった心の奥底から出てくる!?目標、野望。是非思い出して成功するまで負けないぞ-----その気持ちを応援します!

最近の記事


ブログ内検索


GO!GO!!!

Google





RSSフィード


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


edita紹介

edita.jp【エディタ】

ブロガー(ブログ)交流フォト


ブロとも申請フォーム


リンク


GO!GO!ランキング


リンク2

似たコンセプト、統一テーマを持つホームページをつなぐ [輪] へようこそ LongRINGランダムリング(ジャンプ)
LongRINGアクセス LongRING新規参加登録
  

ビジネス成功GO倶楽部でお好みの記事でお楽しみください。

尖閣諸島問題 ビジネスその他への影響。そして共通点と協調性

尖閣諸島問題

いよいよビデオが流出してしまった。

どうせでることは最初から分かっていたことだ。


これはインターネットに携わるものであれば分かっていたことであろう・・・


このビデオだが、

駆け引き無しにドンと出すべきだったのか、

中国にこのビデオは公開するといったあとに

出すべきだったのかは賛否両論だろうが、それは

別としてやはり早期に出すべきだったのかもしれない。

全ビデオ画像をね・・・


やはり中国の方のコメントも様々で偽造だという方もいれば

中国の漁船が悪いという方もいる。

ま~自国 日本で逆の立場になったとき、私も日本側に付いた

コメントをするだろう。


残念ながら他国より自国を信じてしまうのはいたしかたない。

それだけの年数自国を信頼し、生活してきたわけだからね。

しかし、それが今の日本と中国を仲良くすることができない

問題の一つかもしれない。


真実が見えづらくなっている。まともに付き合おうとしていない。

ごまかそうとしている。駆け引きにつかってはいけない、重要なことを

駆け引きにつかおうとしている。

これはきっとうまくいかない構図の典型だ。

この点では日本の政治、中国の政治も反省すべきなのではないか。


早くお互いの報道、お互いの言動、お互いのビジネス姿勢

人としてのマナー、お互いの国の民主性、そして昔の話では

無く何もしらない、何も対処しようがないのに、我々日本人

への責任転嫁とこれもはよくない流れだ。

そういえばきっと怒るはずだが・・・

じゃ~逆の立場であったら中国の方は日本と同じような

対処をしてくれるのか。。。

まちがいなくありえない話と言えよう。


他国の領土を次々と自国のものだと主張する中国

そんな国をだれが信じようか・・・

やりかたは表面上はおだやかだが、中国は自国に広大な土地があるにも

かかわらずそこを利用せず他国を次々と侵略しようとしている

私個人的にはそう見えてしまう。。


私達世代以降はどこかでこう思っている。昔の日本人が

やったことにいつまで責任を求めるのだ。


そして今度はあなた方が侵略行為を始めるのか。。。

そして歴史を逆の立場で繰り返すのか・・・


中国も被害者のようにしているが、全く責任はなかったのか

ケンカ「戦争」をして片方が悪いそれは子供の論理だ。

大人が戦争をするということは、結局両方が悪いのだ。


話はそれるが、技術者である私は、中国向けの製品については

このまま自国の都合を押し付ける中国側の動きがあるならば、

間違いなく技術的に意図した何かを考えるだろう。

この点に限らず、ビジネスにもこの思いは絡み合って

結果としてアウトプットされることであろう。

このビジネスのみではなく、いろんな面で共通しており、

中国の方もきっと同じような考えを持つことだろう・・・


やはり日本人も、中国人も同じなのだ。

自国を信じている。だから今後も、そして今後は、お互いに

協力して、裏切らず、アジアを信じていけるように

努力したいものだ。


必要なのはやはり仲良くしたい、仲良くする方法がないのか?

それを模索し続けることだ。。。


同じアジアです。協調性を持ち、少しづつでも良いのです。

信頼をすこしづつ気づくのでも良いのです。


すこしづつWIN!WIN!で仲良く協力して

やっていきたいものだ。

GO!GO!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://goclub.blog20.fc2.com/tb.php/42-54867ca1

 | HOME |  ▲ page top




消費者金融と銀行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。