プロフィール

gogo


Author:gogo
GO!GO!ビジネスブログへようこそ!



昔はあった心の奥底から出てくる!?目標、野望。是非思い出して成功するまで負けないぞ-----その気持ちを応援します!

最近の記事


ブログ内検索


GO!GO!!!

Google





RSSフィード


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


edita紹介

edita.jp【エディタ】

ブロガー(ブログ)交流フォト


ブロとも申請フォーム


リンク


GO!GO!ランキング


リンク2

似たコンセプト、統一テーマを持つホームページをつなぐ [輪] へようこそ LongRINGランダムリング(ジャンプ)
LongRINGアクセス LongRING新規参加登録
  

ビジネス成功GO倶楽部でお好みの記事でお楽しみください。

いじめ(苛め、虐め)!~ うつ病になるまえに ^^¥ 

以前いじめについてブログを書きました・・・

実は我が家の娘も同じような思いにあいましたので~

大分落ち着いてきたので、そろそろ書いてもよいかな?と

思うしだいですが・・・


いじめと言ってもいろいろないじめがあります。

もちろん私も小学校のころいじめにあったことがあります。


たぶんあなたも程度の違いはあれ必ずいじめにあったことは

あるはずです。

だから。。。きっとあなたの子供もいじめにあうはずです。


もちろん私も些細であれ、いじめたことがあるのは

言うまでもありません。相手が些細に考えていたかは???

ですが・・・


それはさておき、彼女がいじめにあったときの状態としては、

勉強が手につかない、行動がおかしい、周りの目がきになる。


それが日に日に大きくなっていた。

そして私の経験と違ったのは子供が、「鬱」(うつ)一歩手前ということでした。


それを気づいたあと、いろんな思いはあるものの、私なりに行動して

良い方法をとったのではないか。。。

そして、いろんな周りの方からも


「良い方法を選択したと思う」

といわれたので、そんな悩みがある方のために少しでも

なればと考え、ブログへアップすることとしました。


・心情や中身は、あまり書いていないかもですが、

必要な人の為に行動したことや、

段取りだけでも書いておきたいと思います。



 実は数ヶ月前ですが、形は違えど娘も嫌な思いをしていました。

 信じて仲良くなった友達とうまく付き合うことが出来ない

 そんな状況がしばらく続いていたようです。。。

 その時は娘の様子を見て、まだ書くべきではないと

 考えブログには載せませんでした~


これだけは、理解しておくべきです。

多感な時期のいじめを軽く考えていると、

その子が親になっても出社拒否など

その子は知らないうちに辛い思いのスパイラルに入ってしまうようですね~。


そんな現実が世の中にはあるようですよ~

親がその空気を察知し、話を聞いてあげるのが一番重要なようですが・・


「かまいすぎと、かまうことは違う!」


それは理解した上で対処していくことが

必要かもしれない。。。


対処の流れとして

・まずは子供に聞く!やさしくですね・・・
 (しつこ過ぎるのはわが子を逆に追い詰める?でしょうから気をつけてください。)
 いじめられている子供は忘れようと必死ですので・・・
 p.sそしてイライラせず、追い込まず、話せるまで待つことが重要かもしれない。

・次に思い切って、専門家に任せましょう!
 精神科の先生を訪ねて、話を聞いてもらうのです。
 (予約が必要ですので・・・。)
 わが子に限ってとおもったらいけません。
 
 怪我したら病院にいくでしょう。
 心が怪我したら病院に行く、それは当たり前のことです。
 偏見は捨ててわが子を守ってください。
 (少々のお金はかかりますが、わが子の為ですよね!)
 
 出来ればそのときに診断書を書いてもらいましょう!
 それは、取っておいて下さい。伝家の宝刀ですから・・・

・担任に登校拒否になっている事や娘の状況を話しましょう!

・自分の子供と相手の親と相手の子供、校長先生も交えて
 話し合いましょう。
 (校長先生は予め担任に言い、出席してもらうようにするのが
 良いでしょう。)

・それで相手の親ももちろんだいたいは親もわが子の見方です。
 先生は平等な見方ですが仲良くさせよとするので、いじめている人の
 見方のように見えることでしょう・・・
 (あなたが逆の立場であれば、きっと子供を信じいじめた側の見方となる
  ことでしょう。)

・そしてあなたはお父さん!、お母さん!ですから
 もちろん、あなたが娘の見方とならなければいけません。
 (冷静に淡々と話を進めて行き、娘に話させたり、相手の子供に聞いたり、
 相手の親や先生が話をさえぎるようであれば、それは邪魔しましょう!
 そして相手の子に話させましょう!
 机を軽くたたいてもよいでしょう・・・ちょいキレはOKです。
 但し完璧にキレてはいけません。あなたは大人で、相手を追い込むのが
 目的ではありません。わが子が、学校に行けるようにするのが
 目的だからです。
 
 ※もちろん相手の子には、もう二度とこのような緊張を味わいたくないと
  思わせることが必要です。
 (当然出席している人はみんな嫌な思いをしています。)

・そしておそらく子供通しのことだからとか、そんなおちゃらけた状態で
 相手は終わらせようとします。

・そして相手の子供は(緊張しているので、泣く事もできません。)泣かずに
今までどおり接すると言うかもしれません。

・「今までどおり接したら同じようになるからそれは困る」とはっきり言いましょう。

・そしてどうしたら、こうならないのかと相手の子に聞きましょう。
 担任に聞きましょう
 校長先生に聞きましょう
 相手の親に聞きましょう
 きっとだれも答えません(答えられません・・・でしょう)

・そしてじゃーどうしようかとわが子に聞き、嫌だったこと、
予め聞いていたことを相手の子に止めるように言いましょう。

 そして相手はそんなつもりはないと言います。
これからは分かれます。


もしイジメの証拠があったら、そこにいるみんなに見せましょう。
そしてその禁止事項を、言ったあとに守れるか相手の子供に確認しましょう。
たっぷり時間をかけて嫌なことを止めさせるように促しましょう。


あくまで相手の子供をダメにすることが目的ではありません。

あなたは大人です。相手の子供にも少しのやさしさをもって接しましょう。


そう!わが子をイジメから守ることが目的です。。。

のちのちのトラブルから回避するために、そこの考えだけは頭に持って

その話し合いに臨みましょう!


もう一度言います。

「わが子を守るのが目的です・・・」

今すぐにでも命に影響するような場合は別かもしれませんが・・・


いじめは親の教育が原因だったり、子供の性質だったり、お互いの性格が

合わない事が原因だったり、しかしそんなの関係なく自分の欲求を満たす

ために悪意を持った攻撃をする輩がたくさんいるのも現実です。

いけないですよね~。


最近分かったのはいじめをする子の特徴として往々に我慢しきれない弱い人が

その傾向にあるようですね。

それと一度はだれでもいじめにあうようです。

ただそれが被害者、加害者含めて、長く続くか度合いの違いなどはあるようです。


思うに矛盾ないじめはなくすことが必要ですね~。
ただ勘違いから発生するいじめは誤解を解いて生活するしかないのかもしれませんね・・・。


私の知り合いの娘さんもいじめにあい嫌な思いをしたと聞いています。

親が先生と校長先生同伴のもと先方の親と子供を呼び出し話し合いをし、

半分解決だが・・・心のしこりはきっと何年か残ることでしょう。


とうぜんその子が親になっても経験としてアドバイス出来る器も同時に

手に入れることでしょう。

しかし、その後の親のケアも大変だし、そのいじめていた子もターゲットを

変えただけでまたいじめをしている?現実があるようです。

悪いと思っていないし、ストレスのはけ口であり、面白いから

やめられないのかもしれませんね。


しかし、そのいじめた子には自分がやったぶん以上のパワーで

明日か、または数年後いじめが戻ってくるでしょう・・・。

それに耐えられなければ学校に行きたくないとその子は言いだすでしょう・・・

そのころになって親も気づくことでしょうが・・・。

残念ながら時すでに遅しで、いじめた側には想像もつかないような

もっと大きないじめが待ち受けていることでしょう。


ある親がわが子がいじめられなければ少々いじめても良いという風に

育てるときっとそんな目にあう可能性は確実に増えます。


(自分の子は大丈夫と信じてあげるのは大切だが、

やはり

・「見てあげる。」
・「聞いてあげる。」
・「相手の気持ちを教えてあげる。」

その気持ちは重要かもしれませんね。


そこで反省し成長できる子はまだ良いが絶対に自分が正しいと言い張る子は

大人になってもDVなどをやりつづけることでしょう。そこで親が気づいてよき道を

教えてあげれば変われるのだが、親が一緒になって相手が悪いと言えば

いじめた子は間違っていなかったんだという再認識ができ、また同じことを

繰り返しちゃいます。その子の生き様であり親の未熟さからくるもので子供が

将来苦労するのはいたし方ありません。


しかし出来れば親も学習し、改めるべきだと考えます。

親ももちろん完璧ではありません。もちろん子供も完璧では

ありません芽がちいさいうちに対処してあげたいものですね。


悪意は必ず何かの形で自分に戻ってくると考えることを教える

べきですね。

私達も人のふり見て自分のふりを直し日々成長していけたらよいですね!


GO! GO!


私の独り言がお悩みの親御さんやお子さんのお気持ちの少しの支えになれたら
ですが・・・今後とも末永く宜しくお願いします。

GOGO
スポンサーサイト

コメント

明日の試みについて

明日の試みとしては今日と同じことをまたやることかな?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://goclub.blog20.fc2.com/tb.php/25-bfa2331d

 | HOME |  ▲ page top




消費者金融と銀行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。