プロフィール

gogo


Author:gogo
GO!GO!ビジネスブログへようこそ!



昔はあった心の奥底から出てくる!?目標、野望。是非思い出して成功するまで負けないぞ-----その気持ちを応援します!

最近の記事


ブログ内検索


GO!GO!!!

Google





RSSフィード


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


edita紹介

edita.jp【エディタ】

ブロガー(ブログ)交流フォト


ブロとも申請フォーム


リンク


GO!GO!ランキング


リンク2

似たコンセプト、統一テーマを持つホームページをつなぐ [輪] へようこそ LongRINGランダムリング(ジャンプ)
LongRINGアクセス LongRING新規参加登録
  

ビジネス成功GO倶楽部でお好みの記事でお楽しみください。

国の税収と歳出、財務状況と消費税の簡単な考え方。

こんにちは

ちょっと意見です。

簡単に財務を出来ないのはわかる。しかし 平成2年ごろ失敗した

財務省の人はやめる覚悟を持って責任を持って対処すべきなのだ。

率直に言うと そう思うのだが・・・


まず下記のページ

財務省のリンクPDFの

一般会計における歳出・歳入の状況

のP14のグラフを参照して欲しい。


見て分かるように 私たちの国は現在昭和61年のころの税収しかないのに、

支出はその当時と比較して41兆円も多いのだから国が廻るわけ

ない。


まずは支出を減らし(ひとまずそれを超える場合は凍結しなければいけないのだ。)

いまやろうとしているのは、払えないとわかっているところで増税をして収入を得ようとしている

まさにこっけいな話だ。


その61年と比べて足のでている41兆円だが、それを無くせば公債の667兆円15年で

ペイできたのと同じとなります。

単純に言えば(40兆円×15年=600兆円)なのだ。



出来ないではない! 国民を! 経済を! だませないのなら 

まじめにやるしかないのだ。

良い意味でだまして景気をよくできるのならその政策を実施すべきだ。


現状維持でお金を取ることばかり考えないで もっとやりくりできる方法を

財務省は考えるべきだ。出来なければ財務省はこの日本では機能できない

省としか言いようがない。


厳しく言えば営業の出来ない営業は会社には必要ない。

技術のできない技術者 そしてそのグループは必要ない。


つまり財務を管理できない財務省の方は必要ないのだ。

財務を20年30年かけて廻せる財務のできる。そんな財務ができる

ひとが財務を引き受けるべきなのだ。


倒産した会社(国)に 投資をしようとする財務は必要ないのかもしれない・・・

企業に対して指導しているようにあなた方財務省も自分達を

指導管理しなければいけないのではないのか・・・

嫌 すべきなのだ。


どうお考えでしょうか・・・



スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top




消費者金融と銀行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。